VIOライン自己処理方法

MENU

vioラインを自己処理できるおすすめの方法

自分で毛の処理をするとなると一番難しい箇所がVIOラインですよね。きちんと処理したはずなのに剃り残しがあったり、思ったように処理できなかったり…。綺麗なラインにしたいけれど脱毛エステやクリニックに行くお金もない…。みなさん苦労されていると思います。そんな方のためにVIOラインをいつもよりちょっぴり上手に自己処理できる方法を教えたいと思います。

 

まず以下の道具の準備をしましょう。カット用ハサミ、T字カミソリ、ジェルやシェービングクリーム、手鏡。カット用はさみがなければ普通のハサミでもOKです。T字カミソリは4枚刃や5枚刃のカミソリをおすすめします。不安な方はセーフティガードのついているものを選ぶとよいでしょう。またボディーソープで処理する方もいらっしゃると思いますが、デリケート部分に沁みますのでジェルやクリームを用意しましょう。

 

ではいよいよ処理スタートです。まず、Vラインの毛をハサミであらかじめカットしましょう。剃りたい部分を短めにカットしておくことでカミソリが滑らかに進みます。長い毛が気になる方は形を整えておきましょう。次に剃りたい箇所にジェルまたはクリームを塗布します。T字カミソリでVラインの上部分、Vラインのサイド部分、Iライン、Oラインの順に剃っていきます。剃ったその都度、毛とジェルを洗い流して剃り残しがないか確認します。Iライン、Oラインは自分では見えにくい箇所ですので手鏡を使用します。手鏡を使うことによって剃り残しを防ぎます。またデリケート部分が目視できますので焦らず丁寧に剃りましょう。剃り終わった後はジェルをしっかりと洗い流します。もちろん、お肌のアフターケアも大事です。いつも使っている保湿ローションで保湿とケアをしっかりとしましょう。これを機にデリケートゾーン用のローションを購入するのも良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。少し工夫するだけでいつもよりVIOラインが綺麗になっていませんか?自己処理が苦手な方も、少し自信がついたのではないでしょうか。VIOラインの処理は正しく行えば難易度も少し下がります。まずはVラインから始めてはいかがですか?